* 心 を描き 私 を生きる *

大阪・30代女性 自分で意思決定できない問題を解決することで誰もが力強く生きられる社会づくり。

○○を共有する

 

11日からリニューアルオープンした令和哲学カフェ✨

 

今回は久しぶりにまとめと感想を綴ります❣️

 

f:id:ultimatemaya:20200914234610j:plain

 

テーマは「カントと令和哲学」

 

 

カントは「純粋理性批判」などの3大批判で有名。

 

客観的真理、絶対的真理が主流で、

神の創造目的に従って生きる、と言ったForに重きが置かれていた時代。

 

次に近代革命が起き、数学こそが宇宙を理解できる方法だ!と世間が湧き立つようになった。

何によって、というByに重きが置かれる時代の到来。

 

そして一大ブームの数学、物理学を人間学まで持っていき、

哲学を客観的真理から主体的真理へと変えたのが、コペルニクス的転回と自称したカント!

 

数学や物理学でこの世界を説明できる、でもその外にも「何か」が、ある・・・!

 

哲学用語では「物自体」と呼ぶそうです。

 

「物自体」の存在を規定したカントの偉大な功績。

でも、それを数学物理学で説明可能な世界と繋げることはできなかった。

 

その「道」までもを規定して、イコールにすることができるのが令和哲学。

 

 

 

f:id:ultimatemaya:20190604004035j:plain



 

時代はかわり近代。

 

ここ数十年での変化は目まぐるしく、

『物』を共有する時代から『情報』を共有する時代を経て、

今はYouTubeFacebookでのLive配信と言った『経験』を共有する時代です。

 

そこで、今回の令和哲学カフェのWHTテーマがコチラ↓

 

” 経験共有の意味、目的は何なのか? ”

” 次には何を共有する時代が来るのか? ”

 

 

 

アポリア時代である今、方向性不明、生き方モデルの不在という背景もあり

経験共有の背景には「今ココ最高の人間モデルを見つけたい!」という思いがあります。

 

 

しかし、物の共有では、生産者の顔が見えなかった。

 

 

情報・知識の共有では、人は見えるが編集や演出が介入する。

 

 

Live配信を筆頭とする経験共有では、人そのものありのままを全て見ることができるようになりました。

 

 

 

経験共有の意味・目的をさらに詳しく、5段階に分けてみると次のようになります。

 

  1. 感情を湧かせたい!
  2. 感情を動かすようなモデル探し。みんなのモデルとなることで承認欲求を満たしたい!
  3. いつか、ではなく今ココに何かを感じたい!今ココの執行力。
  4. 誠心誠意の実践により、人々を魅了する。
  5. クリエイティブのための結集が起きる!

 

 

この5つのリズムを経て、経験共有の時代は完成を迎えて次の共有時代へ以降します。

 

 

令和哲学から見て、次に共有されるものは何なのか?

 

それは、「今ココ、目でみちゃだめ!」またの名を「共通土台」の共有です。

 

 

 

始まりにないものは終わりにもない。

 

この世界に対する思考がバラバラ出発であれば、世界はずぅっとバラバラのまま。

ひとつ出発であれば、世界はひとつになるしかない!

 

 

ひとつ出発で世界を見るためのキーワードが「今ココ、目でみちゃだめ!」なのです。

 

 

 

f:id:ultimatemaya:20200914235152j:plain

 

 

今日の令和哲学カフェを通して特に印象に残ったことは、

物事の意味・目的を理解するにあたっては

時代背景や脈絡との関係性を見ることが重要だということです。

 

 

自らの意思決定に際しても、

クリエイティブさやオリジナリティが求められる反面

歴史文明の意思、人類の方向性と一致させることで

多くの人の共感を得て、ムーブメントを起こせるものとなっていくことでしょう。

 

 

 

****************

 

🔸みぃつけた ーごにょごにょ対話する会ー

 

オンラインで対話イベント開催しています。

対話を通して新しい自分を「みぃつけた!」できる会です。

 

reiwaphilosophy.com

 

reiwaphilosophy.com

 

🔸令和哲学カフェ

 

平日毎日21時から開催されている令和哲学カフェ

コミュニケーションワークWHTは気づき満載!

reiwaphilosophy.com

 

 

🔸ポストコロナonline会議

 

ポストコロナ時代を生き抜くため

令和北極星として方向性を示しています。

peraichi.com